一和一会 - 過去ログ

坂田和保(Kazuyasu Sakata)の個人ブログ(過去ログ)です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< Barにいって女性に勧められるウィスキーの粋な飲み方 | 第20回WebSig会議「セマンティックWebってなんだろう? 「?」を「!」に変えてみる会議」 >>

ハイボールナイト by サントリー

最近良くウィスキー関連のイベントへの参加が連続してます。



今回は、サントリーさん企画のハイボールナイト
銀座の「日比谷Bar THE GRAND BAR」にて開催されました。(なかなか見つかりにくい隠れ家ですね)


P5280129P5280135

いつもは、シングルモルトといえばストレートな自分ですが。
ハイボールも最近は良くいただくんです。
どういうときかといえば、だいたい次のパターンかな。
1)飲みたいシングルモルトがおいてないとき!
2)さらっと1〜2杯飲んで終わりにしたいとき
3)薫製系の食事があるようなとき+気分がウィスキーの場合

ちなみに、アイラ系のモルトにジンジャエール(1:2くらい?)もおすすめです。
スモーキーな部分がジンジャエールの個性と相殺されて、
ちょっと煙たくて薬っぽくて苦手なモルトでも楽しめるかもしれません。
興味ある人は試してみて!

話がそれた。

当然、ハイボールナイトというくらいですから、ハイボールをみんなでいただきます。
まずはシングルモルトの無難な説明の後に、ハイボールの説明、そして作り方。
一度自分で作る実験が終了後に、
バーテンさんに好きなハイボールを作っていただけました。

馴染みの方々、初めてお会いする方々とただただハイボールの話をするわけです。
ちなみに自分は同じハイボールをグラスのみ変えて飲み比べさせていただきました。
ストレートなグラスと比べて、丸みを帯びたグラスだと、
香りを中心に印象がかわるんです。
それを、いろんな方々にトライしてもらって楽しんでいたりしました。
(飲み比べが楽しくて写真取るの忘れたー)

後は他の方もお書きになってますが、角瓶の冷凍庫もの。
自分は自宅の冷蔵庫に大好きなウォッカを常備しているのですが、
ウィスキーを冷凍庫という発想はなかったなぁ。
だって、香りが死んでしまいますもん。

それでも、この角瓶なら、冷凍庫の方がうまいと感じることを身をもって体験。
特にハイボールにすることでの相性は抜群ですね。
ご自宅でハイボールを面倒と思わなければ、格安で作れます!

そして何より嬉しかったことが。
角瓶をいただく際に、実はカウンターあたりでじーーーっと棚を眺めてました。
あー、あれ飲みたいなぁ〜とか。おもったより特殊なモルトおいてないなーとか。
で、山崎のCaskを見つけたのですが、自分が探している白州のCaskがない。
実はこの件、前回の白州蒸留所でもお伺いしたほど探してたものなんです。
それをやっぱりサントリーさんに聞いてみたら、あった!!!

これ。
P5280140

みーつけたーー!と1人で感激して、写真とってたんですよ。
そしたら、終了間際あたりに、白州のCaskをいただけるってことに!

みなさん、実はこれ僕がまいた種だったかもしれません。真相はどうなんだろ?

というわけで、アナウンスがあった後に、一目散にカウンターにのりだし、
周りの方がテイスティングせずに飲みだすのを落ち着いて落ち着いて。

感想は。

「うまい!白州じゃない!この重厚さにピートのさりげなさは白州を超えた白州!」

と、素直に感じてました。いやほんとですよ。
これはBarにおいてあったら普通にオーダーするなぁ。

サントリーの方々には感謝感謝です。
実際ジャパニーズモルトを外でいただく機会も増えてます。これ本当。

さて、この先はちょっと残念だった件を、期待をこめて記しておきます。

1)ハイボールナイトなのだから、主役のハイボールは大事に扱って!!

まずはじめに、後ろの方から氷がすでにはいった冷えたグラスと、
同じく冷えた45ml(?)の白州。そして南アルプスのおいしい炭酸水。

ここまではいいのですが、ちょっとまって。
a)ハイボールを作る時に、ウィスキーいれるまえにまず水を捨てさせよう。
b)ビルドのやり方くらいもうちょっとしっかり教えよう。
c)ハイボール作った直後に飲まなせないでどーする!

おいしいハイボールをいただきにきたつもりだったのに、それなりに幻滅。

2)テイスティングの順番で、ボウモア 10 yo → マッカラン 10 yoってどうなの?

煙たい方からいったらマッカランのバランスとかがわからなくなりません?
なにか明確な意図がおありだったんでしょうか?
自分は一応、支持通りに試して、案の定がっかりしてました。

3)うんちくは楽しいものですが、人によって楽しくないうんちくもありますよ。
ウィスキーははまればはまるほどうんちくが楽しくなってきます。
でも、ウィスキーを初めた頃、うんちくを聞かされて結構スルーしてました。
それは、うんちくを聞いてもそのうんちくが体感できないから。

スタンダードなうんちくよりも、ハイボール作る前に水を捨てる理由であったり、
なぜハイボールはステアでなくてビルドなのかといったうんちくの方が大事では。

シングルモルトが好きだから、本当に素敵なシングルモルトを伝えて欲しい。
そんな気持ちがいっぱいです。これからも期待してますよー。

※会場&2次会場でご一緒された方々、楽しかったです。またどこかでお会いしましょう。

酒類 | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

サントリートピックス  at 2008/06/06 7:46 PM
「ハイボールナイト by サントリー」ですごいハイボールの作り方を体験いただきました。
先週開催したブロガーイベント「ハイボールナイト by サントリー」ですが、ご参...
Trackback url: