一和一会 - 過去ログ

坂田和保(Kazuyasu Sakata)の個人ブログ(過去ログ)です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< GOC Vol.2 『ブログサーチテクノロジー』 | 使える弁証法 - ヘーゲルが分かればIT社会の未来が見える >>

インターネット検索の未来

早稲田大学創立125周年記念公開シンポジウム「インターネット検索の未来」へ行ってきました。詳細はコチラ

主な構成は以下の通り。
基調講演:「ヤフーサーファーによるインターネット検索のノウハウ」
パネルディスカッション:「検索の未来を語る」

基調講演については、自分が先日GOCオープンカンファレンスに参加したこともあり、正直なところ生温い講演でした。学生向け&Yahoo!側の自主規制ということで、あまり突っ込んだ講演はなかったです。

そんな中で知ったことは、「サーチエンジンの5原則」というもの。
・Relevancy(関連性、検索精度)
・Comprehensiveness(網羅性、包括性)
・Freshness(更新性、情報鮮度)
・Presentation(閲覧性、表示訴求)
上記4つから導かれて↓
・Trust(信頼性、信用度)
ウェブ上では「RCFTP」で検索するとよくでてきます。5原則といい始めたのは今回が初めだったんでしょうか。

でも、正直なところサーチエンジンにこの5原則を当てはめることが本当に正しいのか、ということを考えさせられたのも事実です。それは後ほど。

また、Yahoo!Japanの新機能紹介でブログ検索の中にあるツールに注目した。例えばコチラを見てもらうと、右側に「検索ワードの注目度」というグラフがある。グラフだけなら普通の統計だけで、フーンとなって終わるんだが、このグラフ上でドラッグしたりクリックすると、その時期のブログ記事が検索結果として出てくる。このインタフェースはなかなか良いぞ。


その後、パネルディスカッションに移るのですが、これがなかなか面白かったです。

まず各パネラーの方々の発表それぞれに魅力を感じました。(発表順)

▼八尋俊英さん(経済産業省 商務情報政策局 情報経済企画調査官)
情報大航海時代について。
仏から届いた「仏政府が「検索エンジン」開発計画、グーグルに対抗」のニュースがリアルタイムだったことも含め、日本として今何を考えているのかを興味深く拝聴しました。是非がんばっていただきたいです。

▼井上俊一さん(ヤフー株式会社 検索事業部 事業部長)

The Web(Public)⇒My Web(Personal)⇒Our Web(Social)

といった流れを提示されていました。
この中で、ブログをさらに拡大したものをSocialと捉えてるとも。

やっぱりYahoo!は大規模ソーシャルコミュニティを作ろうとしてるのかな。

▼国枝 学さん(NTTレゾナント株式会社 ポータル事業本部メディア事業部長)

消費者行動モデルの「AIEAS」⇒「AISCEAS」への移行を前提に、「生活そのものが検索」になってくるとのこと。

Attention (注意)
Interest (興味)
Search (検索)
Comparison (比較)
Examination (検討)
Action (行動・購入)
Share (情報共有)

▼徳末哲一さん(ファストサーチ&トランスファ株式会社 代表取締役社長)
エンタープライズサーチの最先端の話を怒涛のように繰り出される中、一番気になったのはニュース番組との連携。
ドイツCNN(?)との連携で、ニュースの背景の変わり目で動画に自動区切りを行い、音声認識でニュース内容をテキスト化するという内容。どうやらサービスイン間近だそうだ。日本でこれができるようになったすごいことだ。

▼橋本大也さん(データセクション株式会社 代表取締役)
一番インパクトのあるプレゼンをしたのが橋本さんだと思います。情報考学 Passion For The Futureの記事は時折意外性のあるエントリーだったりして、橋本さんの分野の広さが伺えますよね。
内容としてはデータセクションテレビブログの紹介から始まりました。
その後に、面白い例を(おそらく)小説から引用し、サーチエンジンを「みんなが使うと、よりみんなが便利になる」とした上で、インタフェースとコミュニケーションの時代(アルゴリズム×インタフェース×コミュニケーション)であるとまとめられました。
上記の面白い例については、早稲田の方でインターネット配信するとか言っていましたのでそちらを参照ください。

今回のパネルディスカッションで、検索アルゴリズムが注目を浴びるべきではなく、検索そのものの意義が問われるべきなのかなと感じました。

また、Yahoo!で標榜しているサーチエンジン5原則も、矛盾の中でどう答えを見つけ出すんだろう思うわけです。だって、フィルタ機能をいれなければPもTもダメになりますが、フィルタすることでCは落ちる。

人は検索に何を求めるのか。そういう意味ではgooのようなアプローチはわかりやすいな、とも思うし、Yahoo!もこれからソーシャルだというのも頷けちゃうわけです。
IT関連 | comments(1) | trackbacks(5)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

Posted by nanashi  at 2009/08/18 4:13 PM
<a href="http://www.yahoo.co.jp/">ヤフー</a>

あああああああ

テストです。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

q130s s0εlp  at 2006/04/28 12:28 AM
[se] 昨日「インターネット検索の未来」というシンポジウム
に行って来ました。 ここのところシステムの実装で頭がいっぱいになっていたので気分転換せよ、という点と、 会場が私の新居にオニ近い((会場の早稲田大学小野講堂は、私の新居から徒歩4分半でした…休憩時間に家と往復して靴を履き替えることに成功した。))という2点で
-  at 2007/02/14 8:48 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-  at 2007/04/01 2:23 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-  at 2007/06/11 6:47 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
【パイレーツオブカリビアン ジョニー・ディップ出演作品と軌跡・歴史】  at 2007/07/08 4:47 PM
【パイレーツオブカリビアン ワールドエンド 全国上映開始!】
【ジョニー・ディップの出演の代表作!パイレーツオブカリビアン】 全国で5月25日を機に全国ロードショー上映開始した【パイレーツオブカリビアン】 大ヒット【パイレーツ】シリーズ3部作、遂に完結編!! ジョニーディップ演じる一大傑作をまだ見たことがない方
Trackback url: