一和一会 - 過去ログ

坂田和保(Kazuyasu Sakata)の個人ブログ(過去ログ)です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 使える弁証法 - ヘーゲルが分かればIT社会の未来が見える | かもめ食堂 >>

Podcasting -RTC Vol.11『ビジネスにするWeb2.0』

Mixiの方でもこのRTCは確認しているのですが、当日は都合により不参加(申込みが殺到してたので行けなかったかも知れませんが)。オンライン参加ということも出来たようですが、案の定、自己都合により無理でした。

と思ってたらPodcasting & ストリーム配信してるとのこと。仕事しながらラジオ感覚で視聴してみました。

まず先にcastella(キャステラ)というサイト。
今回のRTCの内容を配信してるところですが、Podcastのポータル(?)のようなサイト。今はすっごい昔のiPod(二代目10G)を使用してるためPodcastはまだご縁がないのですが、仕事でも絡みそうなのでもうそろそろお世話にならないと。こっそりチェックしていきたいです。

さて、このRTC Vol.11『ビジネスにするWeb2.0』を聴いていて、さらっとメモをとったのが次のようなもの。
・ネットを知らない人がMixiをやってる(キャバクラから!?)
・アクション数をどこまで減らすか(DoCoMo iチャンネルから)
・SocialDBがもつ口コミの属性と購買行動の変化
・ケータイをプラットホームにできるか

会場の雰囲気も良く伝わってくるし、次回は参加させていただきたいと思います。

まとめると思うことは2つ

▼2.0という概念
ゲストの方が仰っていたが、最近なんでも『2.0』をつける傾向にあるらしい。『WEB2.0』というと少し固定化されてきた概念だと思うのであまり触れないけれども、2.0化するってどういうことか。
なんとなくそれの解は『使える弁証法』という本にあるんじゃないかなと思う。

例えば、携帯というデバイスに、Mixiのようなソーシャルネットワークが乗っかったことで、知らない間にネットという言葉を意識しなくなっている。

ここがすごいとなんじゃないだろうか。

▼ブログの使われ方
個々のブログから視野を広げて、「ブログの集合体」とした時にビジネスは成り立つのか。
確かに、ブログはいろいろな魅力を併せ持っているが、ソーシャルデータベースとすることで付加価値をつけられるんだろうか。感覚としては、売れても数ヶ月くらいではないだろうか。なぜなら、それゆえのチープ革命だと思うから。


・使える弁証法 - ヘーゲルが分かればIT社会の未来が見える
http://delphie.jugem.jp/?eid=51
IT関連 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: