一和一会 - 過去ログ

坂田和保(Kazuyasu Sakata)の個人ブログ(過去ログ)です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< ドリコム・セプテーニ Web2.0時代のウェブビジネス勝利術 | RTC Vol.12『税制改革』 >>

第5回 テレビとネットの近未来カンファレンス

第5回 テレビとネットの近未来カンファレンス 〜ネット映像時代、テレビは変わるのか?〜
行ってまいりました。

大きな流れとしては以下の4つ。
1.メタキャストCEO井上氏による新サービスの発表
2.Skype日本マーケット開発マネージャ岩田氏による新サービス紹介
3.KandaNewsNetwork 代表 神田氏によるNAB2006ラスベガス報告NAB2006レポート
4.神田氏&メタキャストCOO橋本氏によるCGM映像がもたらすテレビの次世代コンテンツ

▼TAGIRI
この中で一番注目したいはメタキャストの新サービスになる「TAGIRI」というソフト。まだ開発中とのことなのですが、視覚的検索が可能になった画像閲覧ソフトとなりそうです。今までの画像閲覧ソフトには検索機能すらまともになかったのですが、このソフトがあれば収集のつかない画像の倉庫から欲しいものが探せそうです。これが「探す」といった機能にソーシャルブックマークのような機能が付加されてくると、玉石混淆から玉だけを取り出せる。その先に「テレビ×WEB2.0=テレビ2.0」といったものが実感できそうです。

skypecast
最近skypeから少し離れていたんですが、急激にskypeをはじめたくなりました。その理由がskypecast
100人まで同時に会議ができる環境を無料で用意され、その会議のコントロール手法がとても使いやすそう(未だ実験できないけど;笑)。
skypecastについては近々実際に運用を始めようかと思います。

▼CGM(参考
「CGM映像がもたらすテレビの次世代コンテンツ」とのことで、神田氏、橋本氏によるプレゼンがあったのですが、生情報ということもありとても面白かったです。このトピックの中で気になった言葉は「マッシュアップ」。
勝手に思うことだけれども、「マッシュアップ」という言葉によって、1ユーザ1アイテムのイメージが、nユーザ1アイテムになる。(規模云々にとらわれず)コミュニティの流れが強く見える中、1アイテムに複数人が群がるというのは重要なことじゃないだろうか。

実際にカンファレンスで紹介されたものは別途掲載されるそうなので、そちらを参照ください。
IT関連 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: