一和一会 - 過去ログ

坂田和保(Kazuyasu Sakata)の個人ブログ(過去ログ)です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 国家の品格 | 食品の裏側―みんな大好きな食品添加物 >>

国家の品格から抜粋して

国家の品格』から考えたことを「WEB進化で変わる未来予想図」さんに呼応してエントリーを書いてみようと思う。

国家の品格の〜第3章 自由、平等、民主主義を疑う〜の中に「マスコミが第一権力に」という単元があります。

<前略>
 民主主義の本質は主権在民ですが、主権在民とは「世論がすべて」ということです。そして、国民の判断材料はほぼマスコミだけですから、事実上、世論とはマスコミです。言い方を変えると、日本やアメリカにおいては、マスコミが第一権力になっているということです。
<中略>
 政治においては「ポピュリズム」ということがよく言われますが、民主主義国家でこれだけマスコミが発達すれば、行政がポピュリズムに流れるのはほぼ必然でしょう。立法も同じです。立法を担っているのは政治家で、その政治家を選ぶのは国民なのですから。

「世論がすべて」という一元論が正しいと思いませんが、実際にそういった傾向は否定できません。

前回の衆議院選挙(小泉自民圧勝)の影にはマスコミだけでなく、ブロガーといった新しい表現者たちが活躍したことも事実です。

ここで思うことは、「オピニオンリーダーの台頭」といった言葉です。

例えば「政治がものを言う」ことの実質が「マスコミがものを言う」に近かったりする現実。数名のアルファブロガーといわれる人々が、桁外れのアクセスを弾き出し、かつそこで設定された議題がて新しい波が起こしている現実。

将来、世論というものが実際の選挙レベルまで落とし込んだリアリティあふれるものになると仮定しても、キーワードは世論という結果よりも、この結果を生み出すオピニオンリーダーの傾向が重要視されるのではないでしょうか。

これは政治だけの話にとどまらず、市場競争全体に浸透します。商品の売れ行き、番組の視聴率など、オピニオンリーダーの影響は幅広くなります。

改めて整理すると以下の2つについてとても気になるわけです。

1.オピニオンリーダー(マスコミやブロガー)と人々(全体)の温度差
2.オピニオンリーダーはど素人である可能性も高い

いくらブログの時代到来と騒いでも、結局表現者としてブログを運営するのは一握りです。最近の流れとしては、ブログにエントリーされた意見があたかも民衆の総意に近いと捉える傾向あると思います。(例えば世間のブログの統計=ユーザー全員の意見の反映。)この傾向がそのまま悪いとか、この考え方は間違っているとは思いません。ただ、何か寒気を感じるわけです。

「2ちゃんねる」という巨大掲示板では情報の真偽を閲覧者が判断するのがあたりまえです。しかしながら、この「2ちゃんねるの文化」がインターネットの世界にそのままスライドすると、何か落ち着かなくなる。何せインターネットという言葉がわからないでMixiをやりだす人が増えているわけで、今後もそういった方々が増幅するだろうからだ。

何はともあれ、自分としての興味はブロガーとユーザーの温度差が、コミュニティという結びつきによってどう変化するのかを注視しています。「ブロガーのエントリー」≠「コミュニティの総意」という前提をもとに、オピニオンの移り変わりを気をつけて観察していきたいと考えています。

なお、この国家の品格の〜第3章 自由、平等、民主主義を疑う〜の中には、他にもジョン・ロックとホッブスの対比であったり、「国民が戦争を望む」といった興味深い考察があります。そちらも参照していただきたいです。

過去のエントリー
国家の品格
雑記 | comments(2) | trackbacks(3)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

Posted by ふくちゃん  at 2006/06/03 10:18 PM
こんにちは。トラックバックありがとうございます。
確かに仰っておられる事分かります。
現状はそのとおりだと私も思います。

現時点でのブログで社会を読めると思ったら大間違いだと思います。まだまだ実際は差があると思います。

ただ、今後ブログを書く人は爆発的に増え、(といっても全員書くわけではないですが)多少は実社会に近づく可能性があるのかなあと思います。
また、発信者がど素人かどうかというのも、今後はある程度発信者への評価の仕組みみたいなものができて変わっていくのかなあとも思います。
ちょっと楽観的ですかね。。。

とはいえ、現時点の状況を過大評価しすぎるのは注意しないといけないですよね。私も同意です
Posted by delphie  at 2006/06/07 4:17 AM
>>ふくちゃんさま
コメントありがとうございます。新エントリではなくコメント内でレスしますね。

「発信者への評価の仕組み」みたいなものが仮にできたとして、影響力のある芸術家ブロガーが(素人分野の)政治について発言することが当然イレギュラーになってきます。
極端な話、オピニオンリーダーになった瞬間から、分野外への影響ある発言が可能になることは気になります。

問題点は、ネットリテラシーの無い人々が、平気でネットの世界に入ってきている現状であり未来かなと思います。

その上で、そういったネットリテラシーを補う場所として、コミュニティという考え方がどう活用されるのかがキーポイントではないだろうか?とは考えています。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

競馬の予備校(・皿・)y━&大人の笑学校  at 2006/06/06 9:57 PM
フリタ主義=「脱・民主主義」「ポスト民主主義」の魂
これだけ格差社会格差社会と騒がれていると、じゃあどうすればいいのかという話になるわけだが、そもそも「格差社会」という社会は、民主主義とは相容れない社会だったりする。 なぜなら、民主主義というのは自由・平等・友愛の精神が前提。格差社会はどう見ても平等
お取り寄せ情報局「もっちの部屋」  at 2007/03/07 1:10 PM
ますます広がる「格差社会」で生き残るために!
ちわー もっちです。いつもアクセス本当にありがとうございます今日はお取り寄せの話題から離れて、ちょっと小難しい経済の話をしたいとおもいまふ。神戸新聞からの引用です。http://www.kobe-np.co.jp/shasetsu/0000256261.shtml働いても働いても、なかなか低収入...
うつ病を克服し、ストレスフリーな生活を手に入れる方法  at 2007/03/19 1:06 AM
格差意識がうつを進行させる 【うつ病を克服し、ストレスフリーな生活を手に入れる方法】
他人と比較し、劣等感を感じてうつを進行させることになることがしばしばあると思います。容姿・学歴・所得・収入・同期の出世の動向・・・・・・数え上げればきりがないのですが、人と比べて自分の欠点をあげつらってもしかたないですわね。ここで心に残った言葉を紹介
Trackback url: