一和一会 - 過去ログ

坂田和保(Kazuyasu Sakata)の個人ブログ(過去ログ)です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< ワールドカップ観察記(2006/6/11) | ワールドカップ観察記(2006/6/13) >>

ワールドカップ観察記(2006/6/12)

とうとう日本戦、そしてE組
しかしながらE組の試合は、日本戦後に枯れ果て観る事が叶いませんでした。E組についてはダイジェストしか観てません。

★オーストラリア(3 - 1)日本

脱力感。ようやっと現実と向き合いつつ個人的なまとめでございます。

なによりも悔しいのが、日本のプレイヤーがサッカーを楽しんでるように到底思えなかったこと。

唯一の俊輔のゴールも、あれは苦笑いすべき結果であり素直に喜べない。1点奪った後は1−0で勝つことを意識していたんだろうか。どうみても守備的だったし、FWの2人も消極的だったとおもう。坪井は本当にプレイ続行できなかったんだろうか。

ピッチが暑かったのもあるが、中田すら走れてないように思えた。いままでに(たまに?)見せてくれた、思い切りの良いプレーがなり潜めた感がある。

いままでのジーコジャパンを観る限り、これまでにない組織的なチームだった気がする。だから良くなかったとも思う。

ブラジルvsクロアチアの結果にもよるが、日本の決勝T進出の可能性を希望的観測で探る。どう考えても1勝1敗1分が最低限。となると、クロアチア戦の勝利+ブラジル戦の引き分けが条件。あ、まだ可能性はあるか。と思えるようになって来た。

最後、オーストラリア強かったな。なにより、控えの選手があんなシュート打てるかな。今の日本は。層の厚さはオーストラリアに負けてるかもしれない。

今回は本当に個人的な日記だ;笑

★アメリカ(0 - 3)チェコ
★イタリア(2 - 0)ガーナ

なんていうか。想定どおりの結果。
チェコ:コラーの怪我大丈夫なんだろうか。
それと、トッティが出てたのにちょっと驚き。好きなデルピエロは終了間際の交代かぁ。イタリアvsチェコが激しく楽しみです。
スポーツ | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: