一和一会 - 過去ログ

坂田和保(Kazuyasu Sakata)の個人ブログ(過去ログ)です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< ワールドカップ観察記(2006/6/12) | ワールドカップ観察記(2006/6/14) >>

ワールドカップ観察記(2006/6/13)

日本の負け方による落胆振りが未だ個人的に消えないです。

★韓国(2 - 1)トーゴ

また10人か。というのが本音。
カードやジャッジの適正どうのは、やっかみもあるかもしれないが疑惑の目で見てしまうのであまり触れない。

ただ、韓国のプレイは相変わらずの韓国。
このまま終わるんだろうか、それとも、誰が見ても公平な勝負で勝つことができるんだろうか。

2002年の出来事は今後20年は語り継がれると思う。

★フランス(0 - 0)スイス

無難に引き分けでした。とりあえずジダンのプレーを観る。それが今大会の大事なこと。
しかしシセについては賛否両論激しく分かれるが、個人的にはいて欲しかった選手。直前のケガでいなくなってしまったのが残念で仕方ない。

G組に関しては、韓国vsトーゴ戦を見る限り、イタリアとスイスでほぼ決まりだと思う。韓国のマジックが発動された場合はどうなるかわからないが。

★ブラジル(1 - 0)クロアチア

カカでした。ブラジルもまだガツガツこないですね。全大会もそうだったし、狙いは決勝戦なんだろうな。これから徐々にコンディションをあげていくんだろうけど、日本戦の時はどういった状態なんだろうか。すべてはオーストラリアvsブラジルの結果で変わってきそう。

F組は最後まで何が起こるかわからない。18日ですべてが決まるか、それとも22日までわからないか。心境は座して待つ。
スポーツ | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Trackback url: