一和一会 - 過去ログ

坂田和保(Kazuyasu Sakata)の個人ブログ(過去ログ)です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< ALWAYS 三丁目の夕日 | ロシアン・ガールズ >>

ワールドカップ観察記(2006/6/22)

日本負けてしまいました。生放送で観ることがかなわなかったので、結果を知りつつVTRを観戦しました。

★日本(1 - 4)ブラジル

スコアは完敗ですね。ざっと試合を観た感想ですが、やはり箇条書きで。

・坪井のマークミスが致命的な結果(失点)に結びついてるっぽい
・中村俊輔のパフォーマンス不足が目立ちすぎか
・ジーコの采配の意図が神がかり過ぎていて(?)よくわからない。

大舞台の経験の差か、選手層の薄さなのか。日本にとって決勝T進出という結果を望むには、まだまだ神頼みであることが良くわかった結果ではないでしょうか。

個人的に一番楽しめたところは、中田とロナウジーニョの1対1でしたかね。キーマン同士の対決は試合そっちのけで面白いものです。

前半のリードを、ロスタイムに失点したのがターニングポイント。(しかもあれは坪井のミスだと思う。)
前半は足も動いていたし、日本らしいサッカーをしていたと思う。それが後半からは焦りと、重圧に負けてきたのかもしれない。

何はともあれ、クロアチア戦とブラジル戦は健闘したと思う。日本代表のみなさんお疲れ様。
そして、カカ、ロナウジーニョなどの主力メンバーを削らず、日本代表に臨んでくれたブラジルに感謝したいと思います。

★クロアチア(2 - 2)オーストラリア

実は、日本vsブラジルよりもこっちの方が観たかったです。当然見逃しました。激しいデッドヒートだったんだろうなと思います。どこかで録画VTRを掘り出したい。

★もろもろ
ちょっとした感想

チェコの敗退がやはり残念。敗退というか、コラーの怪我ですよね。しかしネドベドって本当に偉大だと思いました。心の中のMVPは現在ネドベドですね。

コートジボアールの2点目だったでしょうか。ドログバと一緒にダンスを踊っていたイレブンに感動しました。南アフリカ大会でのリベンジが楽しみです。全体を見る限り、やはりC組が強豪揃いだったことは間違いないと思います。(結果はわかりやすいけど)

★トーナメント表

ざっと眺めてみる。目下注目のカードはポルトガルvsオランダか。
▽ドイツvsスウェーデン
スウェーデンにドイツの勢いを空回りにすることができるか。
レーマンの足の具合(カーン登場の可能性)も気になるところ。

▽イングランドvsエクアドル
優勝候補イングランドも足元をすくわれる可能性が大きい。
オーウェン自身の不調もあるが、怪我は残念としかいえない。ルーニーのコンディションがキーポイントになるか。もしかしたら、ランパードorジェラードの爆発が鍵かもしれない。
それがなければエクアドルに競り負けそうな気がする。

▽アルゼンチンvsメキシコ
ポルトガル戦で消耗をしたメキシコ。正直なところ嫌な負け方には違いない。現在ドイツと並んで調子がよさそうなアルゼンチンをSTOPすることが出来るか。勢いからするとメキシコは厳しそう。

▽ポルトガルvsオランダ
これはBEST16で一番のカードかも知れない。個人的には一番観たい試合。お互い予選リーグ第3戦は温存モード。ロベンか、Cロナウドか、それともフィーゴなのか。

▽イタリアvsオーストラリア
イタリアに一抹の不安あり。トッティの調子が上がってくるとまた違うのだろうが、スタッフはそろっているのに今はまだ爆弾を抱えている感じ。オーストラリアの躍進の可能性は大かも。

▽ブラジルvsガーナ
余裕で勝ち上がったブラジル、ぎりぎりで消耗しながら這い上がってきたガーナ。ガーナに勢いが残っているという見方は厳しい気がする。

★今日の展望

G組とH組。さてどうなることやら。H組はおそらくスペインとウクライナだろうが、G組はまったくもって予想がつかない。プラッター会長の母国スイスの進出が堅いと思うのだが、はて、ジダン抜きのフランスがどう勝負するのだろうか。フランス戦が一番気になるところ。
スポーツ | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

Stylish jam - Blog  at 2006/06/23 6:27 PM
そして終わったニッポンのW杯。
さて、と。・・・朝デス。おはようございます、みなさん(眠)。 昨晩は早めに就寝して試合前に早起きして観戦した人も多いか、と。 いや、チェコVSイタリア戦のおかげで寝てない人も多いのか(笑)。 ボクは今日は寝るつもりだったんだけどね、寝られませんでした
Trackback url: