一和一会 - 過去ログ

坂田和保(Kazuyasu Sakata)の個人ブログ(過去ログ)です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< スパニッシュ・アパートメント | M:i:III >>

旅する前の「世界遺産」

最近観た映画で、『モーターサイクル・ダイアリーズ』の「マチュピチュ」だったり、『世界の中心でアイを叫ぶ』の「エアーズロック=ウルル-カタ ジュタ国立公園」であったり。

知らず知らず世界遺産と呼ばれる対象へ興味をもって(ロマンを求めて?)いました。

ただ、世界遺産ってそもそもなんなの?ということはまったく知らなかった自分にとって、この書籍は新たな見地を与えてくれました。

具体的に、世界遺産の紹介であったり、写真の掲載という書籍ではありません。
“日本の「世界遺産」ブーム”をはじめ、世界遺産の流れ、世界遺産予備軍など。特に“世界遺産、旅のノウハウ”についてはいざ旅する前の予備知識として明確な助言であったと思います。

つい最近、世界遺産が好きな方とお話した時に、同じようなアドバイスを頂きました。なるほどなるほど。

もう少し落ち着いたら、年に1回くらい、世界遺産を求め歩くのもいいかもしれない。そう思った一冊です。

旅する前の「世界遺産」
旅する前の「世界遺産」
佐滝 剛弘

モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版世界の中心で、愛をさけぶ スペシャル・エディション
モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版
世界の中心で、愛をさけぶ スペシャル・エディション
書評 | comments(2) | trackbacks(3)

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

Posted by よしおか  at 2006/07/01 4:39 PM
チベット自治区、ラサにあるポタラ宮殿は非常に良かったよ〜
ぜひどうぞ。
Posted by delphie  at 2006/07/02 12:43 AM
おお。どうもです。
チベット鉄道開通したみたいだしね。
今度話でも聞かせてくださいな。

COMMENT FORM




 

 

TRACKBACKS

世界遺産がためになる  at 2007/03/19 10:17 PM
世界遺産がためになる
とウルルの概要六億年前、現在ウルルがある地域は8千m級の山脈があったと考えられている。その山脈を流れていた川は、山からふもとへ砂を大量に運び出し、扇状地を形成した。それから一億年経過した五億年前には、8千m級の山脈は侵食を受け消滅したと見られている。侵
熊野古道 ウオーキングツアー  at 2007/07/03 7:49 PM
熊野古道 ウオーキングツアー
世界遺産 熊野古道を歩きたい熊野古道 世界遺産 その神秘的な道をやはり歩いてみたい。  現在の体重と心臓の具合では多分だめだろうから、現在のうーキングを倍にして今年は無理でも、その体型にして挑戦したい三重は私の故郷、滋賀の隣で、それも伊賀...
世界遺産に行こう  at 2007/07/05 2:01 PM
ウルルについて
ウルルウルル(Uluru)は俗にエアーズロック(Ayers Rock)と呼ばれ、オーストラリア大陸のほぼ中央のノーザンテリトリー、ウルル-カタ・ジュダ国立公園内に存在する。西オーストラリアにあるマウント・オーガスタスについで、世界で二番目に大きな単一の岩石。南緯25度
Trackback url: