一和一会 - 過去ログ

坂田和保(Kazuyasu Sakata)の個人ブログ(過去ログ)です。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

かもめ食堂

茶目っ気があって、それでいて気品のあるほのぼのとした作品でした。

キャスティングがまた絶妙で、小林聡美、片桐はいり、もたいまさこの3名。
ストーリーはオフィシャルサイトからの引用ができなかったので、原作の方から。

ヘルシンキの街角にある「かもめ食堂」。日本人女性のサチエが店主をつとめるその食堂の看板メニューは、彼女が心をこめて握る「おにぎり」。けれども、お客といえば、日本おたくの青年トンミただひとり。そんな「かもめ食堂」に、ミドリとマサコという訳あり気な日本人女性がやってきて…。


この映画で特に感銘を受けたのがプールのシーン。ネタバレは末尾に記載しておきますが、3つのプールシーンがこの映画の骨格だと受け取りました。

でも主人公が誰だかわからないような雰囲気をもちつつ、主人公はサチエ。この映画の雰囲気で200本のたばこのようなサイドストーリーの展開も観てみたかったかも。


かもめ食堂
かもめ食堂
群 ようこ

200本のたばこ
200本のたばこ
続きを読む >>
映画 | comments(0) | trackbacks(0)